美しい愛と死の世界が、再び幕を開ける――
1992年のオーストリアでの初演以来、ハプスブルク帝国最後の皇后エリザベートと黄泉の帝王“トート=死”の禁じられた愛を描いたストーリーは、20年以上に渡り世界中で演じられ、帝国劇場においても、2000年の初演以来観客を魅了し続けています。
2015年にはキャスト、舞台美術、衣裳を一新した新生『エリザベート』が開幕。美しさとエネルギーに満ち溢れたステージは熱狂的に迎えられ、大好評を博しました。
そして今回、2015年公演での熱いご要望にお応えして『エリザベート』が帰ってきます。
タイトルロール・エリザベートは、宝塚版オリジナルキャストでその比類なき華やかさで客席を魅了する花總まりと、2014年の宝塚花組公演で同役を演じた蘭乃はなが引き続き務めます。トート役も前回圧倒的な存在感を見せつけた2人のトート、城田優と井上芳雄が演じます。 また、狂言回しのルキーニ役は前回に引き続き山崎育三郎と、『十二夜』やミュージカル『100万回生きたねこ』での好演が光る成河が初登場いたします。皇帝フランツ役は田代万里生と佐藤隆紀の若手実力派が再び演じ、皇太后ゾフィー役には『レディ・ベス』『貴婦人の訪問』での歌声が絶賛された涼風真世が、前回から引き続き演じる香寿たつきに加わり、悲劇の皇太子ルドルフ役には古川雄大、京本大我が続投いたします。
2016年も『エリザベート』は更なる進化を続けてまいります。皆様どうぞご期待ください。