あの誰もが知っているゴシックロマンの名作が、大胆なストーリー解釈と、流麗にしてメロディアスな音楽でリマジネーションされ、メインキャスト全員が一人二役を演じるというトリッキーな演劇的作劇も相まって、韓国でロングラン大ヒットを記録したグランドミュージカルがいよいよ日本初上陸いたします。人類の“生命創造”への飽くなき探求と、“愛と友情”をテーマに、壮大なスケールと溢れるスピード感で展開する衝撃のストーリーに日本ミュージカル界最高のキャスト陣が挑む!どうぞご期待ください。




19世紀ヨーロッパ。科学者ビクター・フランケンシュタインは戦場でアンリ・デュプレの命を救ったことで、二人は固い友情で結ばれた。“生命創造”に挑むビクターに感銘を受けたアンリは研究を手伝うが、殺人事件に巻き込まれたビクターを救うため、無実の罪で命を落としてしまう。ビクターはアンリを生き返らせようと、アンリの亡き骸に今こそ自らの研究の成果を注ぎ込む。しかし誕生したのは、アンリの記憶を失った“怪物”だった。そして“怪物”は自らのおぞましい姿を恨み、ビクターに復讐を誓うのだった…。




私の魂とも言える作品『フランケンシュタイン』の日本での上演を心からお祝い申し上げます。

日本版『フランケンシュタイン』がどの様な姿で観客の皆様の前に登場するかとても期待しております。私はこれまでにいくつかの作品を通して日本の観客の皆様とお会いしてまいりました。そして思ったことがあります。日本の観客の皆さんは、世界のどの観客よりも熱い心をお持ちだということです。『フランケンシュタイン』が日本の観客の皆さんに特別な感動をお届けできることを願っております。

今、世界は葛藤の時代を生きています。もとより歴史というものは葛藤を通じて発展してまいりました。しかし、我々芸術家がするべき事は、この葛藤の末に平和と和解が訪れるよう導いていく事だと信じております。私たち皆の平和を祈願いたします。

2017年1月、東京でお会いしましょう。

次回作執筆中の書斎より
脚本・歌詞 ワン・ヨンボム