去る9月7日(水)、日本初上陸を果たすミュージカル『プリシラ』の製作発表として“日本一の高さ”を誇る“東京スカイツリー”「ソラマチひろば」にて『プリシラ号出発式』が行われました!
原作は1994年公開の、3人のドラァグクィーンたちのドタバタ珍道中を描いたオーストラリア映画。世界中で大絶賛を浴びた後、2006年には待望のミュージカル版がオーストラリアにて誕生しました。
今回、日本初上陸を記念し、劇中に登場する『プリシラ号』さながらのピンクのバスが都内を回遊いたします。この『プリシラ号』の出発式として、ド派手な舞台衣裳に身を包んだドラァグクィーン姿の山崎育三郎、ユナク(超新星)、古屋敬多(Lead)、陣内孝則が登場し、MCのシンシア役のキンタロー。と共に出演に懸ける意気込みなど語りました!

山崎育三郎
ティック(ミッチ)役
「こんにちは。ティック役の山崎育三郎です。本番の衣裳を皆様の前で初めて着て、その重さに改めてびっくりしています。プリシラの魅力を少しでも知ってもらえれば嬉しいです。演出の宮本亜門さんはエネルギッシュで立ち上がってキャストに向き合う、海外のような演出スタイルだと聞いているので、新しい自分に出会えるのではと期待しています。」

ユナク(超新星)
アダム(フェリシア役)
「アダム役のユナクです。韓国で「プリシラ」を2回見たんですが、楽しく盛り上がるミュージカルとなっています。亜門さんからは、男性にモテる役柄なのでムキムキになってほしいと言われているので頑張ってこれから鍛えたいと思います。また、実は僕は遅刻魔と呼ばれていて・・・怒られないようにそこにも注意しながら(笑)良い作品を作れるように頑張ります」

古屋敬多(Lead)
アダム(フェリシア役)
「ユナクさんと同じく、アダム役を演じる古屋敬多です。まさかこんな格好で演じることになるなんて、とてもワクワクしています。永久脱毛した方がいいのかな(笑)。いち早く役をものにして世界一のドラァグクィーンになれればと思います。昨年末に亜門さんの舞台に出演させて頂きましたが、演出のつけ方がはっきりとしていて分かりやすい方です。毎回驚くようなサプライズの演出もあり、今回も楽しみにしています!」

陣内孝則
バーナデット役
「トレンディ俳優の陣内孝則です。(会場拍手)この格好をしていると戦闘能力を失ったマジンガーZになったみたいです(笑)。苦節36年、芸能界に入ってちょっと屈辱的な気がします(笑)。マネージャーには20kg痩せろと言われ、今日はわき毛を剃れと言われました。女房に剃ってもらいました。それでこの格好です。再来年還暦ですが、還暦前にやる仕事じゃないですよ(笑)。40日前までは90kgあったんですが、今は10kg痩せたところ。本番まであと10kg痩せないといけないのですが、カメラマンの方々、今は色々できると思うので修正しておいて頂ければと(笑)。ただ作品は素晴らしいし、共演者もベクトルが上を向いている方々ばかりです。私も顔が良いってだけで売れっ子になってしまったので(会場笑)、この作品で一皮むけたいと思います!宮本さんとは30年ほど前からの付き合いで、時代を共有してきた仲間です。素晴らしいキャストとの面白い化学反応を演出してくれると思います。」


出発式のあと、一行は庭園が美しく日本情緒溢れる「ホテル椿山荘東京」や12月に『プリシラ』を上演する日比谷にも出没!
日本初演の成功を祈願して、記念撮影を致しました!

※画像をクリックすると大きなサイズでご覧頂けます。


『プリシラ号』は、8日(木)に一行が回遊した浅草~目白・池袋~日比谷をもう一度走り、9日(金)~13日(火)は渋谷や新宿を走行の予定です。
都内でお見かけの際は、ぜひご注目ください!ミュージカルナンバーのBGMも流れておりますので、テンションUPで応援よろしくお願い致します!!

※画像をクリックすると大きなサイズでご覧頂けます。

ミュージカル『プリシラ』は12月8日(木)~29日(木)日生劇場にて上演致します。
チケット一般前売りは9月17日(土)より開始です!