Les Miserables

2021年全国公演オールキャスト・オーディションのお知らせ

*年齢は、役柄の想定年齢です。応募に際して対象とする実年齢ではありません。

ジャン・バルジャン
30代~50歳頃、男性。
罪人である過去を隠し、生まれ変わって新しく生きなおそうとする主人公。ふとした縁から引き取った孤児コゼットを、実の娘として慈しみ育てる
ジャベール
30代~50歳頃、男性。
罪を隠し逃亡するバルジャンを、正義感から執拗に追う警部。後にバルジャンに命を助けられたことから、その頑な信念が揺らぎ始める
コゼット
10代後半〜20代、女性。
思春期を経て大人になろうとしている、芯のある美しい女性。幼い頃にバルジャンに引き取られたため、彼を実の父と信じている。マリウスと運命的な恋におちる
マリウス
20代、男性。
理想と情熱に燃えるパリの学生闘士のひとり。コゼットに一目で恋をし、愛と革命のはざまで苦悩する
エポニーヌ
10代後半〜20代、女性。
テナルディエ夫妻の娘で気丈な性格。マリウスへの想いを隠したまま、彼とコゼットとの仲を取り持つことになるが、革命の中で命を落とす
ファンテーヌ
20代前半~30歳頃、女性。
恋人に捨てられ未婚の母としてコゼットを産むが、その養育費のため無理を重ね、病に倒れる。バルジャンに娘を託し息を引き取る
テナルディエ
30代後半~40代、男性。
ひねくれ者の安宿の亭主。客に見せるにこやかな顔の裏には、強欲で利己的、生き抜くためには悪事を働くこともためらわない腹黒さが隠れている
テナルディエの妻
30代~40代、女性。
幼いコゼットを女中がわりにこき使い、引き取りに来たバルジャンからは大金をせしめる。亭主の上をいくしたたかな女房
アンジョルラス
20代〜30代前半、男性。学生たちをカリスマ的な魅力で率いている革命リーダー。マリウスのよき理解者でもある
アンサンブル
老若男女。
囚人、看守、労働者、水兵、娼婦、乞食、学生、少年、市民革命家…等々、1人数役〜十数役、合計で300以上もの役柄を演じ分け「レ・ミゼラブル」を支える“影の主役たち”である