Introduction

『ナビレラ』は2016年、韓国のポータルサイト「Daum」でWEB漫画の連載を開始、読者からの評価で満点を獲るなど大きな反響を呼び、日本でも漫画サイトである『ピッコマ』を通して日本版が紹介され、現在でもその人気は続いています。
2019年には、『ダーウィン・ヤング 悪の起源』等、小説や漫画原作からのミュージカル化には定評がある、韓国文化体育観光庁傘下のソウル芸術団によりミュージカル化され、好評を得て2021年には再演。多くの観客に愛されました。
日本はもちろん、世界的な人気作品として、『ナビレラ』は多彩なジャンルで愛され続けています。
そしていよいよ2024年5月、満を持して、ミュージカル『ナビレラ』、初の日本版上演が決定しました。

上演台本・演出は桑原裕子。劇団KAKUTAを主宰し、2018年に『荒れ野』で第70回読売文学賞受賞。2022年にはNHK『昭和歌謡ミュージカル また逢う日まで』の脚本を手掛けるなど、暖かな眼差しで人間ドラマを描き続け、次々と活躍の場を拡げています。
一流バレエダンサーを目指すイ・チェロク役を演じるのは、舞台『千と千尋の神隠し』ではハク役を務め、舞台『キングダム』信役で主演を果たし、本年10月にはミュージカル『のだめカンタービレ』での千秋真一役の好演も記憶に新しい、三浦宏規。5歳よりクラシックバレエを始め、数々の名誉ある賞を獲得した輝かしい経歴を持つ三浦の、まさに本領発揮の役どころです。
そして、幼い頃からバレエを踊る事を夢見ながら断念し、郵便局員を定年退職後、一度は諦めていた想いを叶えようとするシム・ドクチュル役を演じるのは、主演を務めたミュージカル『ビッグ・フィッシュ』の演技により、第45回菊田一夫演劇賞を受賞した、川平慈英。NODA・MAP第24回公演『フェイクスピア』、音楽劇『スラムドッグ$ミリオネア』、オリジナルミュージカル『カラフル』など大作・話題作へ出演し、抜群の存在感を放つ川平と三浦の初共演は、本作の大きな見どころのひとつです。
豪華スタッフ・キャストがお贈りする待望の日本版初演、ミュージカル『ナビレラ』。 どうぞご期待ください!