宣伝美術:羽尾万里子(Mujina:art)宣伝写真:坂田貴広宣伝映像監督:UBUNA(POPBORN)宣伝映像制作:安川徳寛

INTRODUCTION

リチャード・ロジャース&オスカー・ハマースタイン二世の代表作として、世代を越えて世界中で愛される本作は、1952年第6回トニー賞作品賞、主演女優賞を含む5部門を受賞。日本では1965年に日本初演を迎え、日生劇場公演は1996年9月以来、28年ぶりの上演となります。

価値観の異なる者同士が衝突を繰り返しながらも心を通わせてゆく姿、友愛の精神こそ、この作品の持つ普遍的なテーマであります。それを「Shall We Dance?」をはじめとする名曲の数々とステージングが、物語を一層盛り上げていきます。

欧米列強の干渉から国を守り、独立自尊と発展を目指す王様役には、圧倒的な存在感、色気とチャーミングな魅力、情熱あふれる演技力を併せ持ちミュージカル初出演となる北村一輝が主演を飾ります。同じく主演のアンナ役には、元宝塚歌劇団トップスターで、退団後も力強い歌声と華麗な表現力で主演舞台が続く中、テレビほか映像においても活躍の場を広げる明日海りおを迎えます。朝月希和、竹内將人、木村花代、中河内雅貴、今 拓哉、小西遼生ら、豪華プリンシパルキャストの参加も決定。そして演出を担うのは、数々の海外ミュージカルの演出から、オリジナルミュージカル、ショーやコンサートなど、幅広いシーンで活躍を続ける小林 香。

世界的な名作の伝統を受け継ぎつつ、多様な価値観に溢れる現代にふさわしい、新演出版の『王様と私』をお届けいたします。

STORY

1860年代のシャム(現タイ)。イギリス人将校の未亡人アンナ・レオノーウェンズ(明日海りお)が、はるばる王都バンコクに到着する。植民地化を図る欧米列強が迫る中、王(北村一輝)は、国の将来を背負う子供たちに西洋式の教育を受けさせるために、アンナを家庭教師として雇ったのだった。オルトン船長(今 拓哉)に見送られ、宮廷からきたクララホム首相(小西遼生)にバンコク式の出迎えを受けたアンナは、異国の地に赴く難しさを痛感する。隣国から王に献上された踊り子のタプティム(朝月希和)とその恋人ルンタ(竹内將人)、王妃のチャン夫人(木村花代)のように服従を強いられる姿は、自立したアンナにとっては相いれないものだった。

国王と家庭教師。人一倍頑固で誇り高い二人は、当初はことあるごとに対立をしていたが、互いの聡明さや誠実な心を知り、国籍や身分、性別を超えて、人としての信頼を深めてゆく。

ある日、イギリスからの特使としてラムゼイ卿(中河内雅貴)がバンコクにやってくるとの急報がもたらされる。対策を講じる王に対してアンナは歓待の宴を開催するように提案する。王の威信をかけた宴の準備が始まり…。

CAST

  • タプティム朝月希和
  • ルンタ竹内將人
  • チャン王妃木村花代
  • ラムゼイ卿中河内雅貴
  • オルトン船長今 拓哉
  • クララホム首相小西遼生
  • アンサンブル

  • 井口大地
  • 伊藤かの子
  • 風間無限

  • 笠行眞綺
  • 金子桃子
  • 河野駿介

  • 黒田 陸
  • 酒井 航
  • 島田 彩
  • 鈴木遼太

  • 聖司朗
  • 西尾真由子
  • 福満美帆

  • 松田未莉亜
  • 丸山泰右
  • 宮河愛一郎

  • 村上貴亮
  • 村上すず子
  • 矢野友実

  • 吉田玲菜
  • 植木達也
    (スウィング)
  • 油井杏奈
    (スウィング)
  • チュラロンコン王子(Wキャスト)立石麟太郎 前田武蔵
  • ルイス(Wキャスト)木村亜有夢 田中誠人
 
  • 王子・王女(Wキャスト 日替わり出演)

  • 有澤 奏
  • 井澤美遥

  • 猪股怜生
  • 大久保実生

  • 川田玲那
  • 木村日鞠

  • 木村律花
  • 杉山穂乃果

  • 髙橋玲香
  • 戸張 柚

  • 中西 縁
  • 萩沢結夢

  • 古正悠希也
  • 森田みなも

  • 若井愛夏
  • 若杉葉奈

CREATIVE

  • 音楽:リチャード・ロジャース
  • 脚本・歌詞:オスカー・ハマースタインⅡ
  • 翻訳・訳詞・演出:小林 香

    MESSAGE

  • 振付:エミリー・モルトビー
  • 音楽監督・歌唱指導:山口琇也
  • 美術:松井るみ

  • 照明:髙見和義

  • 音響:山本浩一

  • 衣裳:有村 淳(宝塚歌劇団)
  • ヘアメイク:馮 啓孝
  • オーケストラ:東宝ミュージック/新音楽協会
  • 演出助手:斎藤 歩/時枝正俊
  • 舞台監督:本田和男
  • 制作:田中景子/橋本 薫
  • プロデューサー:小嶋麻倫子/塚田淳一
  • 製作:東宝

TOKYO

2024年49日(火)~430日(火)

日生劇場

東京都千代田区有楽町1-1-1 座席表

4月 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
12:45



17:45
子役キャスト 出演スケジュール

公演に関するお問い合わせ
東宝テレザーブ
03-3201-7777

チケット情報

料金(全席指定・税込) 平日 土日祝日・千穐楽
S席 15,000円 15,500円
A席 10,000円 10,500円
B席 5,000円 5,500円
  • 主催者の同意なく有償で譲渡することは禁止します。<チケットご購入に関するお願い>
  • 劇場内では咳エチケットにご協力ください。
  • 公演情報などに変更が生じる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • 出演者並びにスケジュール変更の際は何卒ご了承くださいませ。出演者変更の場合でも他日への変更・払戻しはいたしかねます。
  • 公演中止の場合を除き、払戻し、他公演へのお振替はいたしかねます。ご了承のうえ、お申込みください。
  • 未就学児のご入場はご遠慮いただいております。
  • 出演者の入待ち・出待ちはお断り申し上げます。
    また、出演者に対してのお祝い花(スタンド花、アレンジメント、鉢物、他)は、楽屋花も含め、スペースの都合により、お断り申し上げます。
東宝ナビザーブ

ログインはこちら

【先行抽選エントリー】
1月30日(火)~2月5日(月)

【先行先着販売】
2月11日(日)11:00~

【一般前売】
2月17日(土)11:00~

  • 先行抽選販売および先行先着販売は、東宝ナビザーブにご登録(無料)いただきましたお客様がご利用頂けます。
  • 会員登録をしていないお客様は、2月17日(土)11:00よりお取扱いいたします。
プレイガイド

2024年2月17日(土)一般前売開始!

グループ観劇

一般前売に先立ち、東宝エージェンシーにてご予約を承ります。
03-3216-2008

お申込みフォームはこちら

電話予約

2024年2月18日(日)より東宝テレザーブにてご予約を承ります。
03-3201-7777

  • お電話予約は、一般前売開始日の翌日より残席がある場合にお取扱いいたします。
窓口販売

2024年2月18日(日)より帝国劇場窓口にて販売致します。
東京都千代田区丸の内3-1-1

  • 劇場窓口販売は、一般前売開始日の翌日より残席がある場合にお取扱いいたします。
  • 窓口の営業時間はこちらをご確認ください。

OSAKA

2024年54日(土)~58日(水)

梅田芸術劇場メインホール

大阪市北区茶屋町19-1

5月 4 5 6 7 8
12:45
17:45 貸切
子役キャスト 出演スケジュール

お問い合わせ
梅田芸術劇場
06-6377-3800

チケット情報

S席15,000円 A席10,000円 B席5,500円
(全席指定・税込)

窓口販売

2024年2月18日(日)より梅田芸術劇場チケットカウンターにて販売致します。(10:00~18:00)

  • 一般発売日の翌日より、残席がある場合のみのお取り扱いとなります。

MOVIE

FLYER

フライヤー(表)
フライヤー(裏)