Official Twitter

Introduction

ラブストーリーの朗読劇シリーズむ》
国民的大ヒットラブコメディの舞台版が待望の再演!

夫=雇用主、妻=従業員の<契約結婚>という選択をした2人が、従来の価値観にとらわれることなく仕事や夫婦のあり方に向き合っていく、新感覚の社会派ラブコメディ『逃げるは恥だが役に立つ』。 月刊「Kiss」(講談社)で連載された本作は、2015年に第39回講談社漫画賞(少女部門)を受賞し、翌年連続テレビドラマ化。 最終話の平均視聴率が20.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録するなどその人気は社会現象となりました。さらに2019年1月には待望の連載再開、そして 2021年1月には新たなエピソードの新春ドラマスペシャルが放送されるなど、現在に至るまで「逃げ恥」の世界は世相を反映しながら広がり続け、また愛されて続けています。

そんな平成を代表する大ヒットラブコメディを、2019年には《恋を読む》シリーズ第二弾として初の舞台化。様々な分野から集まったトップランナー達が個性豊かなキャラクターを日替わりで演じた朗読劇は大きな話題となりました。そしてたくさんのお声にお応えし、2021年8月、シアタークリエでの再演が決定いたしました!

脚本・演出を務めるのは、朗読劇シリーズ《恋を読む》全作品の脚本・演出を手掛ける、劇団「ロロ」主宰の  三浦直之。NHKよるドラ『腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。』の脚本を手掛けるなどその才能は舞台に止まることなく、今最も熱い若手劇作家として注目を集めています。

そして今回も人気と実力を兼ね備えた豪華キャスト陣が集結!様々な組み合わせで物語を紡いでいきます。

人と人とが向きあい、コミュニケーションを取ることが一層難しくなった今。そんな今だからこそ、言葉を尽くし、心を尽くし、お互いの価値観や考えのギャップ、多様性を受け入れていく登場人物たちの姿は、まさに今こそまたお客様に新たなエネルギーをお届けできるのではないでしょうか。

秘密の<契約結婚>から始まる恋にムズキュンするのはもちろん、笑って泣いて明日へのエネルギーをもらえる、そんな魅力にあふれた本作を朗読劇というスタイルで、再び生の<言葉>の力でダイレクトにお届けします!


原作コミックスの情報はこちら

日本の小劇場シーンを牽引する劇団・ロロを主宰し、今各界から注目を集める若手脚本/演出家、三浦直之。
彼と東宝が初めてタッグを組みお贈りするのが、ラブストーリーに特化した朗読劇シリーズ《恋を読む》です。

演じるのは様々な分野で活躍するトップランナーたち。
舞台、ドラマ、映画、アニメ・・・多種多様なジャンルで活躍する豪華俳優たちが集結し、多種多様な<恋=出会い>の瞬間を、演劇ならではの生の“言葉”の力でダイレクトにお届けします。

多種多様なフィールドから集まったキャスト・スタッフが<出会い>、作りあげる<恋=出会い>の物語。
この物語が演劇を愛してくださっているお客様はもちろん、今まで一度も演劇を観たことのないような、様々なお客様と演劇体験との新たな<出会い>の場となることを目指しています。

過去の公演

恋を読む vol.1「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

恋を読む「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

  • 【再演】2019年3月12日(火)~17日(日)東京・オルタナティブシアター
  • 【初演】2018年8月24日(金)~29日(水)東京・オルタナティブシアター
恋を読む vol.2「逃げるは恥だが役に立つ」

恋を読む vol.2「逃げるは恥だが役に立つ」

  • 【初演】2019年10月2日(水)~6日(日)東京・ヒューリックホール東京
  • 2019年12月7日(土)~8日(日)愛知・名古屋市芸術創造センター
恋を読む vol.3「秒速5センチメートル」

恋を読む vol.3「秒速5センチメートル」

  • 2020年10月21日(水)~25日(日)東京・ヒューリックホール東京

Story

院卒だけど内定ゼロ、派遣切りで無職になってしまった森山みくりは、父親のはからいで、恋愛経験ナシの独身サラリーマン・津崎平匡(つざき・ひらまさ)の家事代行として働き始める。しかし良好な関係を築いたのも束の間、実家の事情でまたも職を失いそうになったみくりは、ひょんな会話の流れから平匡に「就職としての結婚」を提案。超真面目な平匡が導き出した答えは、まさかの⟨契約結婚⟩だった!!

周囲には雇用関係を隠して始まった新婚生活。でも夫婦にしてはぎこちない二人の様子に、平匡の同僚・風見涼太は疑いの目を向け、みくりの伯母・土屋百合は心配を隠せない。さらに平匡とみくりも一つ屋根の下で暮らすうちに、お互いを意識し出してしまい… 果たして、波乱ずくめの契約結婚の行方は!?

Cast

※出演日順

津崎平匡ひらまさ
細谷佳正コメント
太田基裕コメント
戸塚祥太(A.B.C-Z)コメント

立石俊樹コメント
荒木宏文コメント
森山みくり
仙名彩世コメント
桜井玲香コメント
大原櫻子コメント

花乃まりあコメント
城妃美伶コメント
内田真礼コメント
風見涼太
梅津瑞樹コメント
立花裕大コメント
有澤樟太郎コメント
梅原裕一郎コメント

水田航生コメント
牧島 輝コメント
矢田悠祐コメント
土屋百合
壮 一帆コメント
シルビア・グラブコメント

春野寿美礼コメント
朴 璐美コメント

Staff

原作海野つなみ

前回の朗読劇が想像以上に素晴らしかったので、再演が決まってとても嬉しいです。
しかも、今回は演者さんがシャッフルとか!

同じ内容でも演者さんによって世界が変わり、 これはいろんな組み合わせで全ステ見たい!と思う舞台なので、 とても楽しみで仕方ありません。

長い原作をうまくまとめた、漫画ともドラマともまた違う、 生の声が伝えるそれぞれの豊かで感情を揺さぶる舞台を、 是非、たくさんの方に楽しんでいただきたいです。

脚本・演出三浦直之(ロロ)

「逃げるは恥だが役に立つ」の再演が決まりとても嬉しいです。原作の魅力は細かな生活の描写だとおもっています。恋があって生活があるのではなく、生活のなかに、掃除や洗濯や食事や仕事のなかに恋がある。朗読劇という制約のなかで、声の力で出演者のみなさんがどんな風に生活を表現してくれるのかとても楽しみにしています。たくさんの平匡とみくりと百合と風見を見届けてください。

原作
海野つなみ
『逃げるは恥だが役に立つ』(講談社「Kiss」所載)
脚本・演出
三浦直之(ロロ)
音楽
深澤恵梨香
美術
中村友美
照明
阿部典夫
音響
池田野歩・高橋真衣
衣裳
神田百実
映像
松澤延拓
ヘアメイク
M’s factory
舞台監督
鈴村志門(ザ・サムシングエルス)
演出助手
斎藤 歩
アシスタントプロデューサー
清水光砂
プロデューサー
尾木晴佳
主催・製作
東宝

Schedule&Ticket

2021811日(水)~818日(水)

一般前売開始2021年7月4日(日)

料金:7,800円(全席指定・税込)

スケジュール表

スケジュール表

  • ※新型コロナウイルス感染症拡大防止の対応上、政府や自治体からの特別な要請などの状況により、急遽、公演情報などに変更が生じる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • ※出演者並びにスケジュール変更の際は何卒ご了承くださいませ。出演者変更の場合でも他日への変更・払い戻しはいたしかねます。
  • ※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。
  • ※感染予防のため、出演者の入待ち・出待ちはお断り申し上げます。
    また、出演者に対してのお祝花や差し入れなどのプレゼントのお預かりはお断り申し上げます。
インターネットでのご購入は〔東宝ナビザーブ〕

ログインはこちら

https://stage.toho-navi.com/

先行抽選エントリー
6月22日(火)~6月25日(金)
一般前売開始
7月4日(日)10:00より販売開始
  • ※先行抽選は、東宝ナビザーブにご登録(無料)いただきましたお客様がご利用いただけます。
  • ※会員登録をしていないお客様は、7月5日(月) 10:00より残席がある場合にお取り扱い致します。
お取り扱いプレイガイド

7月4日(日)より一般前売開始

チケットぴあ
https://w.pia.jp/t/nigehaji-2021/(PC/携帯共通)(Pコード: 506-313)
e+(イープラス)
https://eplus.jp/nigehaji/
ローソンチケット
https://l-tike.com/nigehaji2021/(Lコード:34582)
CNプレイガイド
https://www.cnplayguide.com/nigehaji/
セブンチケット
セブン-イレブン店頭マルチコピー機のみ
※キーワード検索:「にげはじ」で検索
お電話予約

7月5日(月)より

東宝テレザーブ03-3201-7777

  • ※お電話予約は、一般前売開始日の翌日より残席がある場合にお取り扱い致します。
会場

シアタークリエ地図

〒100-0006 
東京都千代田区有楽町1-2-1

  • ● 千代田線日比谷駅A13出口より徒歩2分
  • ● 日比谷線日比谷駅A4出口より徒歩3分
  • ● 地下鉄銀座駅C1出口より徒歩5分
  • ● JR有楽町駅日比谷口より徒歩7分

お問い合わせ03-3201-7777 東宝テレザーブ

座席表

Goods

COMING SOON