Cast

千尋Wキャスト

今回、帝国劇場で初舞台に挑戦されるお気持ちをお教えください。
これまで映画、テレビドラマやCM等様々なお仕事に恵まれてきましたが舞台は今回が初めてとなります。それも歴史と伝統のある帝国劇場で初舞台を飾る事ができ、女優というお仕事に携わらせて頂いている身としてはこんなに幸せな事はありません。映画で初主演を務めさせて頂いた時と同様、舞台で初主演という事は私の人生で当然ながら1回限りの事。
プレッシャーや不安が無いと言ったら嘘になりますがまずは私らしく、今回の初舞台楽しくのびのびと演じたいと思います。それがお客様方が喜んで頂ける舞台に繋がると信じているからです。
『千と千尋の神隠し』で千尋役を演じられることへの思いや意気込みをお教えください。
千尋役を演じさせて頂くと決まった後なんですが実家に帰った時、『千と千尋の神隠し』のパンフレットが出てきました。そのパンフレットを手に取りページを捲りながら、映画を観た時はまだ小学生だった私がこの千尋を演じるんだなと思うとまさに感無量の一言に尽きます。それも世界初公演!日本の宝とも云うべきこの作品はおそらくこれから何回も上演されるのだと思います。その舞台の歴史を自分たちが作ってゆくのだと思うと強く責任を感じます。何年か先の未来に『千と千尋の神隠し』という舞台の第一回、世界初上演を私たちが演じたと誇りを持てるように、命ある千尋として舞台の中で生きたいと思います。
映画で印象に残っているシーンやご自身が演じられる役柄の印象をお教えください。
名作揃いのスタジオジブリの作品の中で初めて観たのが『千と千尋の神隠し』でした。DVDで観たのですが衝撃を受けたシーンはお父さんとお母さんが豚に変身してしまうシーンです。
あまりにインパクトが強く、未だにその時の事を覚えています。食べ過ぎると本当に豚になってしまうんだと子供ながらに思い、すごく怖かったです。笑
それに湯婆婆との出会い、正体の分からないカオナシ、オクサレさま(河の神)をお風呂に入れるシーン等々ありましたがやはりハクとの出会いと二人が冒険し、飛ぶシーン・・まさに枚挙にいとまが無く印象に残っているシーンばかりなので答えに困りますが考えてみれば全編見どころだからこそ名作なんですよね。千尋に関しては、初めはどこにでもいる普通の女の子だったのが両親を助けるために必死で異世界で生き、奔走するうちに逞しく成長していく姿が、凄く身近に感じるヒロインという印象です。私も見に来ていただけるお客様方に親近感を感じて頂きながら、時には臆病に時には強い千尋を演じたいと思います。
コロナで世の中が一変しました。改めて観客に生でエンターテイメントを届けることについての思いをお教えください。
生でのエンターテイメントというのは同じ台本であっても1回1回、命を吹き込んでいき、日々形を変え、進化していく。お客様が観る舞台というのは毎回、唯一無二であると思います。だからこそ台本や段取りにない大小のハプニングも混在し、その場に生きている登場人物達のドラマが生まれるんだと思います。そしてこのドラマを完成させるのに不可欠な存在が舞台で生きている人物たちを見守るお客様だと思います。期待通りであったり、予想を裏切ったりが生のエンターテイメントであってその完成に不可欠のお客様をお迎えして初めて成立するものが舞台というエンターテイメントではないかなと常々思ってきました。是非私たちと共に同じ空間、同じ時間をお客様にも私達役者を通して存在し生きて頂きたいなと思います。
×close
『千と千尋の神隠し』で千尋役を演じられることへの思いや意気込みをお教えください。
言わずと知れた名作のタイトルロールを演じる日が来るなんて思っていませんでした。時代も国境も超えて愛され続ける作品の1ピースになれるのは大変光栄なことです。既に緊張していますが、素朴で勇敢な少女を、リスペクトを込めて演じさせていただきます。
演出家ジョン・ケアードとは『ナイツ・テイル』でご一緒されているかと思います。再びジョンと作品を作り上げていくことへのお気持ちをお教えください。
『ナイツ・テイル』の稽古場は、チーム全員で試行錯誤を繰り返す、とてもクリエイティブな空間でした。あの充実感を再び味わえると思うと胸が高鳴ります。ジョンはとても情に厚い方で、作品とカンパニーのひとりひとりを、心から愛し考えてくださいます。その愛に応えられるよう、日々励んでまいります。
映画で印象に残っているシーンやご自身が演じられる役柄の印象をお教えください。
繰り返し見ている大好きな映画です。幼い頃は、千尋の両親が豚に変わってしまうところが恐ろしくて、泣き喚きながらも目が離せなかったのを覚えています。一番好きなのは、千尋たちが銭婆の住処を訪ねるシーンです。何度見ても新鮮な感動があり、歳を重ねるにつれ味わいが深まる。名作の力に脱帽します。
コロナで世の中が一変しました。改めて観客に生でエンターテイメントを届けることについての思いをお教えください。
自粛明けに初めて劇場の椅子に座った時、心身が喜ぶのを感じました。配信でも多くの作品を享受できるようになりましたが、それでもわたしはやはり劇場に行きたいと思ってしまいます。人と人との距離が遠くなってしまった今、同じ空間で過ごせることがいかに尊いか痛感しています。本作の上演の頃には、皆様が安心して劇場に足を運べる世の中になっていますようにと切に願っております。
×close

ハクWキャスト

Message醍醐虎汰朗 (だいご こたろう)

日本のみならず、世界中で愛される素晴らしい作品に参加出来ることをとても光栄にそして誇りに思います。
舞台『千と千尋の神隠し』も多くの方々に愛して頂ける作品になるよう原作に最大限のリスペクトをもって、役に向き合い寄り添っていきます。
公演をお楽しみにしていてください!!

×close

Profile醍醐虎汰朗 (だいご こたろう)

2019年、新海誠監督の映画『天気の子』で、2000人以上のオーディションを勝ち抜き、主人公・森嶋帆高役の声を務め、2020年に第14回声優アワードで新人男優賞を受賞。映画・ドラマ・舞台、ミュージックビデオと多方面に活躍の場を広げる。

×close

Message三浦宏規 (みうら ひろき)

日本を代表するこの素晴らしい作品が舞台化されると聞いて皆様も驚かれたかと思いますが僕も衝撃を受けたその1人です。ジョン・ケアードさんをはじめ素敵な共演者の皆様と共に新たな作品を創っていけることが非常に楽しみですし、この偉大な作品に恥じることのないよう、僕自身真摯に向き合い皆様にお届けする日を心より楽しみにしております。

×close

Profile三浦宏規 (みうら ひろき)

5歳よりクラシックバレエを始め、第18回NBA全国バレエコンクール コンテンポラリー部門第3位ほか受賞多数。2019 年よりミュージカル『レ・ミゼラブル』にマリウス役で出演。ミュージカル『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』、『GREASE』の出演が控える。

×close

カオナシWキャスト

Message菅原小春(すがわら こはる)

I LOVE YOU

×close

Profile菅原小春(すがわら こはる)

10代で数々の有名ダンスコンテストで優勝。2015年にスティービーワンダーと共演したCMが話題となり、翌年より複数回にわたり紅白歌合戦に出演。2019年にはNHK大河ドラマ「いだてん」への出演も果たし、女優としても活躍の幅を広げている。

×close

Message辻󠄀本知彦(つじもと ともひこ)

宮﨑駿さんの作品に出演することなんて考えたことがありませんでした、素直にとても嬉しいです、あまり(一度も)使わない言葉で表現します、夢のようです。

×close

Profile辻󠄀本知彦(つじもと ともひこ)

シルク・ドゥ・ソレイユに日本人男性ダンサーとして初めて起用。振付代表作に第69回紅白歌合戦 米津玄師 『Lemon』や米津玄師『馬と鹿』『感電』、RADWIMPS 『カタルシスト』 ミュージックビデオ、菅原と共に『パプリカ』など多数。

×close

リン/千尋の母Wキャスト

Message咲妃みゆ(さきひ みゆ)

生粋のスタジオジブリファンである私にとりまして、リン役として携わらせていただけることは何ものにも代え難い喜びです!それと同時に、あの世界が一体どの様に舞台化されるのだろう…とドキドキもしています。大好きな作品への敬意を込めて全力で務めさせていただきますので、どうぞ宜しくお願い致します!

×close

Profile咲妃みゆ(さきひ みゆ)

2014年、宝塚歌劇団雪組トップ娘役に就任。2017年に退団後、多くのミュージカルやドラマ出演に加えCD発売やコンサートも行う。
2021年、菊田一夫演劇賞を受賞。7月9日よりミュージカル『衛生~リズム&バキューム~』に出演。

×close

Message妃海 風(ひなみ ふう)

千と千尋の神隠しが上映された当時から思っていた事が、この世界で生きてみたい!という強い想いでした。まさか、その夢が叶うなんて。。人生なにが起こるか分からないものです。この舞台もどういうものになるのか私自身想像もつきませんが、あの大好きな世界で、思う存分リンとして生きていきたいと思います。

×close

Profile妃海 風(ひなみ ふう)

2015年、宝塚歌劇団 星組トップ娘役に就任。歌と演技に秀でた娘役として活躍。2016年に退団後も、コミカルからシリアスまで幅広くこなす柔軟な演技力と安定した歌唱力を存分に発揮し、舞台を中心に活躍。『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』出演が控える。

×close

釜爺Wキャスト

Message田口トモロヲ (たぐち ともろを)

“千と千尋”愛にあふれるジョン・ケアード氏が、アニメ以外では再現不可能とも思える壮大な宇宙をストレートプレイで蘇生する。どんな舞台になるのか興味津々です!この多様で摩訶不思議な世界観のピースになれるよう、ふんばりたいと思います。はたして本番までに釜爺の6本腕を生やせるかどうか、御覧ください。

×close

Profile田口トモロヲ (たぐち ともろを)

俳優、映画監督、ナレーター、ミュージシャン。映画監督作に『色即ぜねれいしょん』(新藤兼人賞銀賞受賞)他。最新出演作に舞台『INSPIRE 陰陽師』『オリエント急行殺人事件』(初演)、テレビ「バイプレイヤーズ」「名建築で昼食を」、映画『夏への扉-キミのいる未来へ-』(三木孝浩監督)などがある。

×close

Message橋本さとし(はしもと さとし)

千にとっての「足長おじさん」的存在であり、大人の男像として憧れる釜爺を演じるチャンスとトライを与えて頂けたことは役者冥利に尽きます。次に演出のジョンと会う時までに、腕をあと4本生やしておきますと約束をしてしまった…大丈夫かなぁ。まぁ、やってみるしかありません!宮﨑駿さんとジョン・ケアードさんの世界観が融合した中で、僕というフィルターを通した釜爺が生まれるよう、頑張ります!

×close

Profile橋本さとし(はしもと さとし)

劇団☆新感線を退団後、舞台・映像・ナレーションと幅広い分野で活躍。第22回読売演劇大賞 優秀男優賞受賞。ジョン・ケアード演出作品には、『ベガーズ・オペラ』、『レ・ミゼラブル』、『ジェーンエア』などがある。現在、TBS 日曜劇場「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」にレギュラー出演中。

×close

湯婆婆・銭婆Wキャスト

Message夏木マリ (なつき まり)

実際に『油屋』で働けるなんてなんということでしょう!あれから20年、舞台として世界に発進していく現実は夢のようです。あの名作が、ジョン・ケアードによってどの様に帝劇に現れるのか、キャストのひとりとしてとても楽しみです。長丁場、久しぶりの東宝の舞台だ!

×close

Profile夏木マリ (なつき まり)

1997・1998年、ジョン・ケアード演出のミュージカル『レ・ミゼラブル』 に、マダム・テナルディエ役で出演。2001年、映画『千と千尋の神隠し』で、湯婆婆/銭婆役の声を担当。自身演出の舞台「印象派」は30年を迎える。

×close

Message朴璐美 (ぱく ろみ)

今、強烈に惹かれています。湯婆婆と銭婆に。「千と千尋の神隠し」に。この舞台がどのような演出・作品になるかまったくわかりませんが、まだ見ぬ世界への好奇心と不安と期待でいっぱいです。少女のような心を持ちながら、待ち構えるこの新たな世界へ没入し、湯婆婆と銭婆と三人四脚でゴリゴリ噛み砕いていこうと思います。

×close

Profile朴璐美 (ぱく ろみ)

2006年『NANA』の大崎ナナ役で第1回声優アワード主演女優賞を受賞。代表作は『鋼の錬金術師』エドワード・エルリック役、『進撃の巨人』ハンジ・ゾエ役など多数。演劇集団円を退所後、2019年、「レ・ミゼラブル」にマダム・テナルディエ役で出演。また自身の団体を設け、プロデュース・演出など、多ジャンルで活躍。

×close

Message大澄賢也 (おおすみけんや)

世界初演・宮﨑駿監督の不朽の名作・John Caird演出の舞台「千と千尋の神隠し」に出演させて頂きます。
ナイツテイルに引き続きJohn の演出で、本当に素晴らしいキャスト、スタッフの方々と共にこの作品に携り作る喜び、興奮は、言葉では言い表わせません。
演劇の神に感謝です。どうぞ宜しくお願い致します。

×close

Message吉村直 (よしむらすなお)

「世界的な成功へ」
ジョンとまた舞台を創れる!これ以上の喜びがあろうか!彼の創る舞台はとにかくステージに立つ役者達に命をくれる!それはスタッフに対しても同じだ!作り手のみんなが、観に来て下さった皆さんに、時間と空間を思う存分楽しんで頂くことに喜びを覚えるのだ!こんな時だからこそ、生きる素晴らしさを舞台と客席とで感じあいたい!楽しもう!

×close

Messageおばたのお兄さん

ジブリ作品に魅了され、ジブリ作品を観て大人になりました。その中でも『千と千尋の神隠し』は僕が一番大好きな作品です。その作品に携われるなんて本当に夢のようです。全身全霊、青蛙になりきります!

×close